FC2ブログ
  • 続きを読む
  • 4回目の今回はモチベーションについてです。毎日毎日練習を繰り返していると、どうしてもやる気がなくな... 続きを読む
  • チームが勝つなら同じタイプではなく違うタイプを目指せ。という話は前回しましたが、わざわざ苦手なことを伸ばしていく必要はありません。某人気野球ゲームを例に出すと、ミート力、パワー、走力、肩力、守備力をパラメータで表した場合、あなたが D E D E Dというパラメータだとします。※ちなみにAが一番良くてB.Cと順に悪くなると考えて下さい。 D E D E Dをオール Dや、オールCにするよりはミート力や走力を伸ばして、A E D E ... 続きを読む
  • 前回の記事ではバッター編をお送りしましたが、当然ピッチャーにも適材適所があります。プロでも先発、中継ぎ、抑えを役割を分けていますが、高校野球でも役割分担が必要だと私は思います。エース一人で甲子園に出てくる高校も毎年いますね。しかし、エースが試合中に怪我をしたらどうしますか?もう降参ですか?そういうわけにはいきませんよね。怪我のリスク低減の意味も込めてピッチャーをチームに3人から4人は必要だと考えます... 続きを読む
  • 2つめは選手としての特性を知ることです。どういうことかといいますと、あなたは今何番を打っていますか?各打順には役割があります。1番にはリードオフマンとして、出塁することに加え、相手ピッチャーの球種を後続の打者に教える。2番には出塁した1番打者を次の塁に進め、クリーンナップに繋ぐ。3番には1.2番で作ったチャンスを無駄にしないようランナーを返す。4番に繋ぐために自ら出塁する。4番には塁にいるランナーをすべて... 続きを読む
  • 選手編まず最初は筋力についてです。やはり全国の強豪校を見ても、大阪桐蔭高校や、日大三高、智弁和歌山など毎年パワー自慢の打線を組んでくる高校は多いです。それはなぜか。答えは簡単です。力で全てねじ伏せられるから。アウトローのストレートを右方向に強い打球が打てる。ゴロでも内野手が取れないような強い打球が打てると戦略も戦術も関係なくなります。あなたはどうですか?分かってはいるけど、筋力は才能じゃないの?や... 続きを読む

野球すわん

甲子園にでるための練習方法を選手、指導者別に分け考察しています!
強豪私立を倒し甲子園を勝ち取りましょう!

プロフィール

野球すわん

Author:野球すわん
甲子園にでるための練習方法を選手、指導者別に分け考察しています!
強豪私立を倒し甲子園を勝ち取りましょう!

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。