FC2ブログ

③短所を補うより長所を伸ばせ!

nissinIMGL0808RE.jpg
チームが勝つなら同じタイプではなく違うタイプを目指せ。という話は前回しましたが、わざわざ苦手なことを伸ばしていく必要はありません。

某人気野球ゲームを例に出すと、

ミート力、パワー、走力、肩力、守備力をパラメータで表した場合、

あなたが D E D E Dというパラメータだとします。

※ちなみにAが一番良くてB.Cと順に悪くなると考えて下さい。

D E D E Dをオール Dや、オールCにするよりはミート力や走力を伸ばして、A E D E Dといった選手の方がチームとしては重宝します。

他のチームメイトに対してこれだけは負けない。自信があるという項目があればそれを徹底的に伸ばしていきましょう。




具体的に強化方法をお伝えします。










①ミート力
ミート力とはボールをバットに当てる能力。どんな球でも当ててくる選手はピッチャーからしたらかなり嫌な存在です。

バッティングのおいてのミート力は目線のズレが影響します。下半身のふんばりが弱く、スイングでブレてしまうと目線がズレてしまいます。盤石なスイングを作るために、スクワットやダッシュなど下半身強化をメインにしていきましょう。

当然ながらどんな球でも見る動体視力も重要です。
簡単な動体視力の鍛え方としては、小説などで右のページの右上の文字、次に左ページの左上の文字を読む。といったように離れた文字を一瞬で読むといったトレーニングがオススメです。ランダムで読んでいくと更に効果があります。



②パワー
これはもう筋トレ、筋トレ、筋トレです。過去記事にオススメ筋トレをあげています。ひたすら筋トレをしてみんなが憧れる体をつくりあげましょう。ベンチプレスやデッドリフトなどを繰り返し行い、全てをねじ伏せるパワーを身に付けましょう。だれもが羨む体を作り上げ試合を決める力をつけていきましょう。




③走力
足を速くするのは下半身のトレーニングに加え、体幹トレーニングが重要になってきます。スクワットやレッグプレスなどの筋トレ、腹筋やプランクといった体幹トレーニングを行いましょう。走力が自慢のあなたは上半身の筋トレはそこまで重要ではありません。みんながベンチプレスをやっているからといって一緒になってやる必要はありません。ひたすら長所を伸ばしていってください。



④肩力
肩を強くするトレーニングの代表はやはり遠投。遠くへ投げるというのは一番適したトレーニングをなります。筋トレで強化するなら直立した状態でダンベルをもち、腕をまっすぐにしたまま肩の高さまで上げる筋トレが一番です。投げるといった動作自体が全身運動なので、肩をメインに鍛えながら全身を鍛えていきましょう。


⑤守備力
守備のうまい選手というのはチームを助ける役割を担っており、決して地味ではありません。守備がうまいのは紛れもなく才能です。そんな守備力の鍛え方は、やはり王道であるノック。数多くこなすことで、体がボールの捌き方に慣れ、徐々に上達していきます。守備をうまくするうえでのキーワードは脱力です。力が入っていてはスムーズに送球へ移れませんし、なんでもない打球でもエラーをしてしまいます。柔らかく、脱力。を頭において日々練習に励みましょう。








ランキング参加してます!よかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

野球すわん

甲子園にでるための練習方法を選手、指導者別に分け考察しています!
強豪私立を倒し甲子園を勝ち取りましょう!

プロフィール

野球すわん

Author:野球すわん
甲子園にでるための練習方法を選手、指導者別に分け考察しています!
強豪私立を倒し甲子園を勝ち取りましょう!

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR